電動ベッド

電動ベッド

電動ベッド

このページは「介護の資格と福祉の資格とは 」の情報コンテンツです。

ゆったり眠れる大きめサイズの布団である、この布団クイーンサイズもお勧めです。クイーンサイズは横170センチほどありますので添い寝も便利です。ただし介護ベッドには不向きですのでご注意くださいね。

電動ベッド > 介護の資格と福祉の資格とは

豆知識

介護の資格と福祉の資格とは

社会の高齢化に伴い、介護の現場では新人職員が求められる人手不足が問題となっています。資格を持っていなくても出来る介護職もありますが、資格なしにはできないものもあります。介護・福祉において必要な資格とはどのようなものがあるでしょうか。その一部をご紹介しましょう。

介護士

ホームヘルパー、ガイドヘルパーとは

多くの方は「ヘルパー」と聞いて介護・福祉の専門スタッフであることが容易に想像できると思います。そんなヘルパーを行う際に必要となるのがホームヘルパーやガイドヘルパーの資格です。要介護者の自宅へ訪問し、介護行為を行うことができるのがホームヘルパー。講習を受けることで資格がもらえるので、特別な試験などはありません。2級、1級と2段階に分かれていて、多くの場合は2級のホームヘルパーの資格をお持ちですね。

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーは外出時の移動介護を必要とする際に求められる資格です。ホームヘルパーの資格でも、知的障がい者の外出時に付き添うことはできますが、視覚や身体に障がいを抱えている要介護者の移動介護については、ガイドヘルパーの資格が必要です。ホームヘルパーと同じく、必要な講習を受けることで与えられる資格で、試験などはありません。地域によってはホームヘルパーの資格や介護福祉士の資格をもっていなければ、ガイドヘルパーの講習を受けることができない場合があります。

介護福祉士

前述のホームヘルパーやガイドヘルパーと違い、介護福祉士は国家資格です。もちろん、資格試験があります。介護・福祉の現場では、3大資格の1つといえるでしょう。要介護者、障がい者の心身のケア・サポートはもちろんのこと、介護用具の提案を行うといった仕事もあります。後述のケアマネージャーが介護プラン・計画を立てる人とすれば、介護福祉士はケアワーカーとして実際の現場で介護者をサポートする人員です。

ヘルパーの資格

ヘルパーの資格もこの介護福祉士に一本化する、という行政の発表もあり、受験者は年々増加しているようですね。また、介護福祉士の資格取得には実務経験3年以上が必要となりますが、平成27年度からは実務者研修450時間の受講も受験のために必須とされるそうで、より一層の受講者の急増があるのではないでしょうか。

ケアマネージャー

ホームヘルパーやガイドヘルパー、介護福祉士が現場で実際に要介護者・障がい者の介護を行うための資格とすれば、ケアマネージャーはそれら現場の管理を行うために必要な資格です。介護サービスを受けるためには介護認定を受け、その認定と必要とする介護内容によってケアプランを計画しますが、この計画はケアマネージャーが行います。受験のために必要とされるのは、介護福祉士の様な法定資格を持っていれば実務経験5年以上。それら法定資格を持っていなくても10年以上の実務経験があれば受験することは可能となる。

電動ベッド 激安通販