介護を助けるアイテム

優しい介護イメージ

様々なものが安く手に入る時代。介護を助けるアイテムも思わぬところで見つかることがあります。

入浴時のアイテム

介護で1、2を争うほど大変なこと、それは入浴ではないでしょうか。要介護者の具合によってかわりますが、入浴時に要介護者が滑ってしまって冷や汗をかいた経験や、もしかすると滑って怪我をさせてしまったこともあるかもしれません。そこで、入浴時の介護を助けるアイテムとして介護ベルトがあります。どうしても水にぬれていると滑りやすくなりますので、身体の移動時にベルトを持つことで滑りにくくなり、「あっ」と手が滑ってしまうことが少なくなります。

入浴介助の椅子

また、入浴時に要介護者に座ってもらう入浴用の椅子もありますね。濡れていても滑りにくい素材でできていて、椅子の背もたれが少し後ろに倒れているので前に倒れてしまう心配もありません。浴室に入るかどうか、というのは事前にチェックが必要ですが、危険回避のために介護を助けるアイテムとしてお考えになられてはいかがでしょうか?

要介護者自身のアイテム

要介護者の中には、自分でできることは自分でやりたいとお考えの方もいらっしゃいます。例えば食事。握力が無くてお箸やスプーンが持てない場合や、半身マヒによって手を開いたり握ったりができないとき、健常者が使うお箸やスプーンではなく、自助具として介護を助けるアイテムを探してみるのはいかがでしょう。

介護食器

最近では、お店によって100円ショップでも介護用として使えるスプーンなどの食器があります。また、スプーンやフォークが持てても、片腕しか使えない場合には食器を抑えることができませんので、食器の下に滑り止めのマットを敷いて食器が動かないようにすることもできますね。また、大きめのグリップを付けることでスプーンなどを握ることができる場合もあります。そういったグリップ類も100円ショップで売られている場合がありますので、どのような道具でも工夫次第で介護を助けるアイテムとなります。