電動ベッド

電動ベッド

電動ベッド

このページは「電動ベッドのメリット 」の情報コンテンツです。

ゆったり眠れる大きめサイズの布団である、この布団クイーンサイズもお勧めです。クイーンサイズは横170センチほどありますので添い寝も便利です。ただし介護ベッドには不向きですのでご注意くださいね。

電動ベッド > 電動ベッドのメリット

豆知識

電動ベッドのメリット

電動ベッドはそれを使う方にとっても、使っている方を介護する方にとってもその機能の恩恵・メリットがあります。それはどのようなことでしょうか?

使っている人へのメリット

お使いの電動ベッドによって機能は多少ことなりますが、3モーター以上の電動ベッドをお使いだった場合、身体の状態を起こす背中のリクライニング・膝を挙げる機能・ベッドそのものの高さを変える機能が備わっていると思います。

まず、背中のリクライニングは一人で態勢を変えることができますし、食事や読書などベッドの上で座る際に背中を支える重要な役割を果たします。また、立ち上がることがしばらくできないようなときにも、気分転換に視野をかえる役割や、起立性低血圧の予防として使うこともできます。

膝の高さを変えられるものであれば、膝(脚)を挙げることで血流の流れを助けて脚がむくんでしまうことを解消することができますし、背もたれを起こす際に膝も一緒に動かすことで身体がベッドの下の方へずれてしまうことを防ぐこともできます。またベッド自体の高さ調節はベッドの乗り降りや車いすへの移動を容易にすることができるため、使っているご本人の身体への負荷を和らげるものとなります。

電動ベッドはオプションで介助バーを取り付けることができますので、身の回りの事なら多少一人でこなせる方の場合、本当に寝たきりで動かなくなってしまうことがないようにしていただくための道具としても考えられますね。

介護人へのメリット

介護というのは介護人への負担も確かに大きなものです。私も実は福祉施設の勤務経験がありますが、他の介護施設の見学に伺った際、「腰」への負担が大きく介護職員の方の中でもリタイヤされる方が多かったため、天井から吊り下げるタイプの介助器具を取り付けていらっしゃいました。

さすがに一般家庭でそのような器具を取り付けるわけにはいきませんが、「寝ている状態から起きる」「ベッドから降りる・車いすに移動する」というのはご本人の身体を支える介護人への負担が一番大きくなります。電動ベッドなら、それら負担をかなり軽減することができます。

こういった負担は瞬間瞬間には感じていなくても、日々の積み重ねによって蓄積されますので、長く介護を行う必要があれば電動ベッドのメリットを今一度検討していただくべきだと考えます。

電動ベッド 激安通販